千葉で浸透する樹木葬

千葉において樹木葬を選ぶ人たちが増えています。
亡くなれば誰しも、所定の手続きを経て、しかるべきところに骨を収めるよう、法律で定められています。

しかし、亡くなる人というのは増え続けるものですから、墓園不足や高騰は深刻な問題となりつつあります。

あなたにぴったりの海洋葬について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

中には納骨堂という形式もあるのですが、思い出を偲ぶには、あまりにも味気ないことも事実です。そもそも江戸時代以前には、亡くなった人を野山に葬ることも一般的でした。
自然と共に生き続けてきた人々は、死後もまた大自然に抱かれることを望んだのです。それは、環境への敬虔な態度としても表れ、高い社会秩序を保っていた要因の1つでした。

このような歴史の経緯と、現在の状況を踏まえて考え出されたのが、千葉で浸透しつつある樹木葬なのです。

これは墓園という馴染みあるかたちはそのままに、墓石ではなく樹木を植えて、これを墓標とするものです。
遺骨は腐食しないよう金属製のケースに入れられ、土の中に埋められます。
こうした千葉で行われている樹木葬には、様々なメリットがあります。

エキサイトニュース情報をお教えします。

樹木という墓標は、来るたびに生い茂り、見るものの心を穏やかにします。



こうした樹木に囲まれた墓園は、従来のような辛気臭さはなく、崇高でありながら、リラックスできる場所にもなるのです。

また、大きな墓石を使わないことにより、それだけ多くの遺骨を収納することもできます。
千葉で選ばれている樹木葬には、あらゆる人のニーズを叶えるものなのです。